株式会社BTO

株式会社BTOは、カーコーティング、環境製品、建築事業の3分野で、お客様のニーズにお応えいたします。


TOP PAGE > 環境製品一覧 > セラバリアAW

セラバリアAW
用途:ガラス・金属・アルミニウム・ステンレス・各種樹脂系塗装面等
    浸透しにくい基材など
用途:木材など浸透する基材など

ある調査によれば、子供のアレルギー性ぜんそくの原因の第1位はダニ、第2位がカビだそうです。また、アトピー性皮膚炎の患者にはアレルギー体質の人が多いのですが、アレルギー以外の刺激(ほこり、ダニ、カビ、花粉、日光、衣類、洗剤、ストレスなど)によっても起こる環境病であるという報告もあります。そんな、室内に住みつくカビ、細菌、藻類から、一時的な除菌ではなく、長期的に抗菌・防カビ・防藻を持続し、いつまでもクリーンでさわやかな室内であり続けるためのシステム、それがセラバリアAWです。

室内環境に関するあなたの悩みを解消! ~いつまでもクリーンでさわやかな室内をあなたに~

セラバリアAWコーティング対象

  • 幼稚園、保育所、学校、病院、介護施設、老人ホーム
  • 住宅 (室内、浴室、洗面所、トイレ、キッチン、エアコンなど)、賃貸マンション
  • 食品工場、スーパーマーケット、食品を扱う店舗、ホテル、レストラン、喫煙ルーム
  • スポーツクラブ、フィットネスクラブ、温泉施設、スーパー銭湯(サウナ・岩盤浴など)、銭湯
  • その他カビの生えてほしくない場所など

セラバリアAWの特徴

  • バリアー効果  クロスや汚れを透して効果を発揮する!
  • 広範囲の種類のカビを阻止  抗菌スペクトラムは668菌!
  • 安全性・環境性を重視  環境ホルモン、ダイオキシンを含んでいない!。
  • 効果の持続性  非溶出型で比類の無い長期間(5年間)抑止効果を実現!
  • 耐性菌が出来難い  複合合成剤のため耐性菌が出難く効果の減退が少ない!


バリアー効果

細菌や真菌(カビ)の細胞壁からDNA(核)まですべてを破壊して殺菌を行う他の抗菌剤や殺菌剤と違い、セラバリアAWは細胞壁だけを破壊したたんぱく質やDNA(核)等の合成を阻害します。 合成を阻害された菌は生育に必要な栄養分等を得られなくなり自ら死滅していきます。
その際、同種菌に危険情報を伝達するため、以後セラバリアAWは死滅した同種菌に対して忌避効果を発揮し伝達範囲に阻止帯(バリアー)が形成されます。

668種類におよぶ広範囲の抗菌スペクトラム (細菌220種、カビ392種、藻56種)

世界災害微生物防止学会で確認された「一般建築物から高い頻度で検出される57菌」を含む668種類におよぶカビ・細菌・藻類に対し、効果を実施し、個別の菌それぞれへの効果を確認した抗菌スペクトラム表(セラバリアAWが抑止した菌種の一覧表)を保有しています。
このデーターを提出できる信頼性の高さが特徴です他社の多くの防カビ剤(市販のものは殺菌・漂白剤がほとんど)は、正確なスペクトラム表を提出できないのが現状です。
もし、提出出来たとしても、カビ・細菌・藻類に対する効果でセラバリアAWに四敵するものは現在ありません。

抗菌・防カビ・防藻性能!

チタニア化合物と抗菌・防カビ剤の融合による、比類のない抗菌・防カビ・防藻性能!
O-157(病原性大腸菌)、MRSA(黄色ブドウ球菌)院内感染、サルモネラ菌、ブビリオ菌、レジオネラ菌、インフルエンザ菌、など社会問題になっている細菌にも有効です。

安全性重視

セラバリアAWは各種試験で高い安全性が確認されています。
また、セラバリアAWは気化溶出をほとんどしないため、住原病の原因となったり、アレルギーの原因となることもありません。
薬剤中にダイオキシン類がふくまれていないことが(財)日本食品分析センターにおける試験で証明されていて、環境ホルモンとしてリストアップされた化学物質(67種について使用制限されています。)も一切使用していないため、環境にも非常に優しく、他に類をみない抗菌・防カビ・防藻剤です。

赤ちゃんにも安心の安全性!

世界一厳しいと言われるEPAの基準をクリア赤ちゃんにも安心の安全性!
  ※米国環境保護庁安全認定ナンバー薬剤

(財)日本食品分析センターによる数々の試験でも高い安全性が確認されました。
急性経口毒性LD50は2,000mg/kg以上、つまり実質上の安全性がカフェイン(LD50=1,950mg/kg)や食塩(LD50=4,500mg/kg)などと変わらない安全性であることが証明されています。

※急性経口毒性LD50とは
ラットやマウスを使って口から強制的に薬剤を投与し、2週間でそれらの半数が致死した薬量を体重1kgあたりで算出した値をLD50として示します。


効果の持続性

今までの防カビ剤は溶出や気化により効果を発現させるため、水分の多いところほど効果が持続しませんでした。また、薬剤の残留が減少するとそれまで拮抗していた繁殖力の強いカビが一気に勢力を増して繁殖するため、カビによる被害は薬剤使用前より酷くなることが多々ありました。セラバリアAWは他の薬剤と比べ効果期間が長いのが特徴です。
これは他の薬剤と違い、成分の溶出や気化のすくない非溶出型の薬剤のためです。 セラバリアAWの効果と持続性は今までの薬剤では抑止が困難だった過酷な環境ほど際立ちます。

5年間持続!

常温硬化型液体セラミックコートならではの長期耐久性と安定した効果は5年間持続!
JIS A6929:2000 (財団法人日本塗料検査協会) 試験回数500回で剥離を認められず。
※平均的な期間を表しますが使用条件によって異なる場合があります。

耐性菌が生まれない

一時的な殺菌効果はあるが、
耐性菌が生まれる
細菌の性質を利用して、細菌が死滅した後も、生息できない環境を作る
セラバリアAWは、遅効性忌避効果型複合合成剤を採用しているため、カビ・細菌を48時間から(2~3日)かけて自然に死ぬ(兵糧攻め)ようにします。このため無理矢理殺す殺菌剤のように耐性菌が生まれません。また、複合合成剤であるため、単一薬剤と違ってひとつの耐性菌になっても、他の薬剤が効くので、そういった面からも耐性菌が発生しにくい薬剤になっています。



消臭効果 (データは全て気化したガスに対して)

セラバリアAWを噴霧し、乾燥した表面に空気中の水分と酸素が接触することで、酸化還元反応が起こります。その結果、強力な酸化力を有する水酸化ラジカルになることで、コーティング表面に接触したニオイの元である有機物を分解し、消臭効果が現れます。

臭気成分 処理前 処理後
アンモニア 臭気強度5 無臭
メチルメルカプタン 臭気強度5 無臭
エチルメルカプタン 臭気強度5 無臭
硫化水素 臭気強度5 無臭
硫化メチル 臭気強度5 無臭
二硫化メチル 臭気強度5 無臭
トリメチルアミン 臭気強度5 無臭
アセトアルデヒド 臭気強度5 無臭
スチレン 臭気強度5 無臭
プロピオン酸 臭気強度5 無臭
ノルマル酪酸 臭気強度5 無臭
ノルマル吉草酸 臭気強度5 無臭
トルエン 臭気強度5 無臭
ベンゼン 臭気強度5 無臭
キシレン 臭気強度5 無臭
酢酸エチル 臭気強度5 無臭
臭気成分 処理前 処理後
メチルイソブトルケトン 臭気強度5 無臭
イソブタノール 臭気強度5 無臭
プロピオンアルデヒド 臭気強度5 無臭
ノルマルアルデヒド 臭気強度5 無臭
イソブチルアルデヒド 臭気強度5 無臭
ノルマルバレルアルデヒド 臭気強度5 無臭
イソバセルアルデヒド 臭気強度5 無臭
フェノール 臭気強度5 無臭
メチルアルコール 臭気強度5 無臭
イソプロピルアルコール 臭気強度5 無臭
ホルムアルデヒドホルマリン 臭気強度5 無臭
アクロレイン 臭気強度5 無臭
魚腸骨臭 臭気強度5 無臭
メタノール臭 臭気強度5 無臭
樹脂臭(煙) 臭気強度5 無臭
にくにく臭 臭気強度5 無臭

セラバリアAWと他の薬剤との比較表

名称
セラバリアAW
他社の防カビ剤 無機系薬剤
建物から検出される
57菌に対する効果
57菌全てに有効 26菌に有効 3菌に有効
藻抵抗力 効果 56藻 効果 0藻 効果 0藻
薬剤安定温度 -60℃~390℃ 0℃~251℃ 500℃以上
浸透力 (例)プラスターボードの場合
5mm~6mm浸透
農薬より応用の薬剤のため
浸透力を抑制してある
耐性菌 複合合成薬剤のため耐性菌が出にくい 日本での使用経過37年(H10年現在)であること、単独使用または1~2品混合のため
耐性菌が出ている
薬状 水系・溶剤系 粉体系・水系・水分散系・溶剤系 粉体系・水分散系
  668菌 32菌 10菌
MIC値
※仮に同じ危険でも、
使用量が少ない方が安全
抗菌スペクトラム500菌のうち
カビ菌・・・392菌 1~5ppm
殺菌・・・220菌 1~5ppm
藻菌・・・56菌 1~5ppm
1~5ppmとMIC値が安定している
抗菌スペクトラム32菌のうち
8菌・・・1~10ppm
24菌・・・11~50ppm
MIC値がバラバラ
100ppm~3,000ppm
溶出度(水・温水) ほとんど溶出しない 3ppm 3,000ppm なし
有効PH 1~14PH 4~8.5PH
カビ抵抗試験 JIS法 28日で発生なし
MRA法 28日で発生なし
JIS法 28日で発生あり
MRA法 14日で発生あり
JIS法 7日で発生あり
MRA法 7日で発生あり
安全性 LD50=2,000mg/kg以上 LD50=3,800mg/kg以上 LD50=5,000mg/kg以上

耐久性 (財団法人日本塗料検査協会)

試験項目 試験方法 評価
耐候性 JIS K5400:1990 700時間でクリアー
耐酸性 JIS K5600-6-1:1999 侵せき法クリアー
耐アルカリ性 JIS K5600-6-1:1999 侵せき法クリアー
耐熱温度 JIS K6744:1992 耐沸騰水性試験顕微鏡によると膜の残存を確認
付着性 JIS K5600-5-6:1999 耐沸騰水性試験顕微鏡によると膜の残存を確認
耐磨耗性 JIS A6909:2000 試験回数500回するも剥離なし
透水性 JIS A6909:2000 試験時間1時間 2.2ml
硬度 JIS K5100:1900 2H
PH   6~7


施工店・販売店募集中
詳細についてはお問い合わせ下さい。